アート引越センター

»アート引越センターはこちら

お掃除のポイント

お掃除のポイント

引越しと掃除は切り取って語れないものです。住居を引き払った後に、追加費用を支払うよう請求が発生するケースも多くございます。

また、そういった面以外でも、お世話になった部屋、住居に対して感謝の意味も含めてきちんとお掃除するようにしましょう。

また後述のとおり、修復箇所が明確になるため、自身で引越し時の状況を把握しておくことが可能です。後々揉めないように、引越し時の状況を把握しておくことが重要です。

現在の住居のお掃除

引越し前の住居で費用発生があるケースは、許可なく、壁に穴をあけたり、棚を設置したり棚をつけた場合などです。入居時にはなかった設備をを設置することで、原状回復費用として、請求されることもございます。

もちろん、破損箇所のチェックだけでなく、マナーとして、引越し前から掃除しておくようにしましょう。、
契約時に経年劣化のためのクリーニング費用が必要な旨が記載されているケースも多く、引越しの事前にチェックしておくことが重要です。

新居のお掃除

引越し先の新居についても、新しいからといって、掃除をしないということはないようにしましょう。まず入居時から設備に不備がないか、汚れがないかをチェックしておくことが重要です。特に水まわりのトラブルは、生活する上でも、不都合が出てきます。

入居する際に、不備を見つけたら不動産の管理会社にすぐ連絡するようにしましょう。
また、掃除に関しては、用具が必要になるため、そういった準備も事前にしておくのがよいでしょう。